NISAから投資を学ぶ

NISAから投資を学ぶ

最近、銀行の前などを通りかかると「NISA」の大きなポスターをよく見かけます。投資に関心の高いみなさんは、この「NISA」にすでに興味があったり、スタートしていたりするという方も多いかもしれませんね。しかし、「NISA」という名前は見かけるけれども、それがどんなサービスであるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。今回はこの「NISA」について、ご説明したいと思います。

そもそも「NISA(ニーサ)」というのは、2014年1月から始まったある制度の名前です。その制度というのが「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」で、これが「NISA」なのです。簡単に言えば、「少額投資非課税制度」のことをこのような名前で呼んでいます。名前に「非課税」という言葉が入っていることからもわかる通り、NISA口座で取引をすると、税金面でメリットを受けることができます。これから投資をはじめる方はもちろん、すでに投資をはじめている方も、知っておいて損のない制度ですよ。

では、税金面でメリットがあるというのは具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。これについては「毎年100万円まで」の非課税投資枠が設定されました。投資をしたことがない人からすると、給料ではないのでそういうので儲かった収入はそのまま満額もらえるものだと思っている人もいるようですが、金額によっては当然大きな税金を納めなくてはなりませんよね。今回の制度改正で、投資金額100万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金が非課税となりますので、これは大きなメリットであると言えるでしょう。

また、これから2023年までの10年間は、毎年新たに100万円の非課税枠が追加されることになっていますので、これは大きなメリットだと言えます。もちろん、途中で売買をしますので、非課税枠の取り扱いそのものには注意が必要ですが、それでも恩恵としては大きなものだと思います。ちなみに、2014年分の非課税枠の分については翌年へ繰り越しすることができません。

まだNISAの口座を持っていないという人は、早めにNISAの口座を作ることをオススメします!ちなみにNISAの口座を作ることができるのは20歳以上と決められています。口座を作る前には、NISAのメリットをよく理解して作るようにしましょう。税金というのは、義務だからしかたないのですが、それでも金額としては大きなものですので、非課税にできるものは非課税にできる制度を使うのが良いと思います。

↑ ページの上部へ