NISAから投資を学ぶ

NISAってそもそも何?

「NISA(ニーサ)」というのは、2014年1月から始まった「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」のことを指します。

この制度は2014年1月からはじまったばかりなのですが、すでに多くの方がNISA口座を開設し、利用しています。

一時期は恐ろしいくらいに広告などもしていましたよね。

そのため、内容を知らない人であっても言葉だけは知っている、という人も多いのではないでしょうか。

NISAの言葉だけではなく、中身もきちんと理解すれば、とってもお得なんですよ。

投資をしている人にはぜひ、NISAについてしっかりと知っておいてほしいと思います。

とくに、投資をしているのにまだNISA口座を開設していないという人は、ぜひすぐにでもNISAの口座を開設してもらいたいと思います。

そんなにオススメするNISAとは、それではいったいどのようなものなのでしょうか。

「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」という言葉からもわかる通り、投資に対して非課税枠が設けられるということになります。

金額については、「毎年100万円まで」という非課税投資枠になりました。すごくお得ですよね。

もちろん、いくつか条件はあるのですが、まずこれだけ大きな非課税枠ができただけでも、投資をする際には大きなメリットだと言えます。

納税は国民の義務ですが、税金ばかり持っていかれてしまっては投資をする楽しみも半減してしまいます。節税できる部分は賢く節税していきたいですね。

それにこの制度は2014年から2023年までの10年間は、毎年新たに100万円の非課税枠が追加されることになっているんです。

これはとても大きなメリットですよね。

ちなみに、なぜNISAの口座開設を早めにとオススメするのかというと、メリットがあるからということはもちろんなのですが、2014年分の非課税枠の分については翌年へ繰り越しすることができないということになっているからです。

気になる方はぜひ早めに、口座開設をしてくださいね。

↑ ページの上部へ