NISAから投資を学ぶ

一般的な投資と少し違うのが税金!

NISAは投資のひとつですが、一般的な投資とNISAとには大きな違いがあります。

それはNISAの「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」という名前からもわかる通り、一番大きなポイントとなるのは「税金」です。

NISAは簡単に言えば、「少額投資非課税制度」のことなので、NISA口座で取引をすると、税金面でメリットを受けることができます。

投資をしていると、税金というのは大きなネックになってきますよね。

税金面でメリットを受けることができるNISAは、これから投資をはじめる方はもちろん、すでに投資をはじめている方にもオススメですよ!

しかし、税金面でメリットがあるといっても、いったいどんなメリットがあるのかは気になるところですよね。

一番大きな特徴としては、「毎年100万円まで」の非課税投資枠が設けられたというところではないでしょうか。

投資で得たお金にも、当然ですが税金はかかります。

投資をしたことがない人にはあまり税金がかかるイメージがないのか、投資の儲けがそのままプラスになるイメージがある人もいるようですが、所得に対しては所得税というものがかかりますので、プラスがそのまま全額プラスになるわけではないのです。

しかし、今回このようにNISA口座での非課税枠というのができたおかげで、非課税のプラスというものを受け取れるようになりました。

これは、たいへんうれしいことですよね!

このNISAは2014年1月からはじまったばかりですので、この非課税枠の恩恵を感じるのはまだ先かもしれませんが、2014年~2023年までの10年間は、毎年新たに100万円の非課税枠が追加されることになっていますので、これから先への期待も大きいですね。

もちろん、株というのは買ったらそのまま保有し続けるケースもありますが、当然ながら途中で売買をするケースもありますよね。

そのような場合には、非課税枠の扱いが少し変わってくるところがありますので、十分にNISAの制度を勉強して、自分が損をしない形で利用するようにしましょう。

↑ ページの上部へ